製品紹介豪商 ≫ 特徴

豪商は、こんなコトを実現します。
①リアルタイムにきめ細やかな在庫管理

仕入・売上・製造に連動した倉庫別の入出庫履歴と在庫管理/ロット別在庫管理、発注店割情報、 委託販売先の在庫残情報、在庫評価方法の選択及び組み合わせなどが可能となります。
●在庫精度向上
●在庫コスト削減
②製造日報から簡単操作で原価計算・歩留り計算

原材料+副材+資材+労務費+経費を伝票形式で入力するだけで 製品原価と歩留り率を算出します。あらかじめレシピを登録しておくことで、正確かつスピーディーに処理します。


●製造コスト削減
●製・販一体データ管理
③履歴紹介でロット追跡

データが一元管理されているためトレーサビリティに必要な製品・原材料・副材などの処理履歴情報の 記録保管と追跡ができます。又、賞味期限の管理も出来ます。



●リスク回避
●取引先信頼向上
④取引先の多彩な取引要求に対応

電話・FAXでの注文からEDI(電子受注)による注文、販売委託先からの仕切伝票による 売り上げや手数料管理などの様々な取引先対応をサポートします。


●事務管理の効率化
●受注ミスの防止
●新規取引拡大
⑤パソコンの導入形態も自由自在フレキシブルなネットワーク構築

クライアントサーバーのほか、Citrix社のAccessGatewayにも対応。 サーバーで資源の一元管理を行うためクライアントのメンテナンスが不要になり、管理コストを削減出来ます。



●運用・管理コストの削減
●セキュリティの強化

ページのトップへ

●食品業界の製造・販売に精通し、すぐれたコストパフォーマンスを発揮
本ソフトは全国5,000社の食品業者を対象に大規模なアンケートとヒアリングを基に作られ、200社を超える食品製造販売業に利用されております。だから、業種向けパッケージソフトとしては他のシステムに無い豊富なノウハウが随所に搭載されております。
また、お客様の個別仕様に合わせたシステムカスタマイズができます。
●活きた在庫情報管理を実現
受注・発注・売上・仕入・製造・倉庫間移動のデータがすべて連動しており、在庫がリアルタイムに把握できるので、不良在庫の削減や在庫数の過不足を防止できます。
●簡単操作で在庫情報と連動した原価分析を実現
「原料や副材・資材をどれだけ使用して、製品がどれだけできました」という製造日報を入力することで、即座に在庫と連動して自動的に原価をはじき出します。
もちろん伝票形式で入力するため操作はいたって簡単です。
●トレーサビリティ(ロットトレースバック)
販売先(川下)から製造←→在庫そして仕入先(川上)まで遡り、仕入・販売履歴や商品・原材料・副材などの加工履歴及び、追跡により対象物(先)を特定します。
また、日常の基幹業務の運用で使いこなしますので、特別な操作や新たな運用の負担が掛からないのが特長です。
●商品荷姿管理
商品の在庫数量管理は、3つの単位で可能です。
1.最小単位
2.在庫単位
3.主な取引単位
この3つの単位を任意に設定する事によって在庫数量を確認できます。また、伝票入力時には、荷物の形(荷姿)を「入り数」、「合数」、「箱数」の3パターンで管理できます。
●食品製造販売業のための標準ソフトウェア
これまで本格的な専用ソフトが存在しなかった食品製造販売業界では、多くのユーザーが、会計・製造・販売など業務別に市販パッケージを使わざるを得ませんでした。しかしそれでは、本当の意味で、業務の効率化・低コスト化とは言えません。 豪商はすべての食品製造業に特化した製造販売統合管理ソフトです。在庫管理・原価管理を的確に把握、業界特有の賞味期限管理・委託販売・定貫/不定貫などの様々な業務形態に対応できます。
トレーサビリティ機能では日々の入力業務を行いながら同時に危険ロットを特定させます。 食品製造販売業における、すべての業務を一本のソフトで管理できるから、原価や在庫などの状況を、はっきりと正確に掴むことができます。だからこそ、御社の業務を効率化し、売上・利益アップに貢献できるのです。

ページのトップへ

豪商の概要へ

豪商の機能へ

システム機能一覧と動作環境へ

ページのトップへ